シミ(しみ) クレンジング

間違ったクレンジングはシミを増やしちゃう!正しい方法は?

 

クレンジング泡の画像

 

美肌のためにはメイクをしっかり落とすことが重要、というのは常識ですよね。

 

ですが、間違った方法でクレンジングをしていると、かえって肌にダメージを与えてしまい、シミやくすみの原因になってしまいます。

 

シミを増やさないために、正しいクレンジングの方法を確認していきましょう。

 

市販のクレンジング製品はシミの元?

 

シミの原因といえば紫外線によるダメージが真っ先に頭に浮かびますが、シミの元になるダメージはそれだけではありません。

 

肌はとても傷つきやすくデリケートなので、クレンジング製品に含まれる界面活性剤や拭き取りタイプのクレンジング剤による刺激もダメージになってしまいます。

 

市販のクレンジングオイルはメイクや汚れを落とす力が強過ぎて、肌に必要な皮脂まで落としてしまい、肌を乾燥状態にして傷つけてしまいます。

 

ではあまり洗い流さない方がいいのかというと、それも良くありません。

 

毛穴にクレンジング剤が残ったままになると毛穴詰まりの原因になりますし、毛穴が塞がることによってさらにニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

 

拭き取りタイプのクレンジング剤の場合は、コットンで拭き取る時にどうしても摩擦が起きるので、肌に刺激を与えてしまいます。

 

ダメージを受けた肌の反応は、紫外線を浴びた時も摩擦などの刺激を受けた時も同じです。

 

肌を守るために、皮膚に存在する色素細胞がメラニン色素を作り出し、黒色化してダメージに対抗しようとします。

 

このメラニン色素が体に溜まって色素沈着すると、目に見えるシミになって現れます。

 

シミを増やさないクレンジング

 

市販のクレンジング剤は、界面活性剤が入っているものがほとんどです。

 

界面活性剤には、異なる性質の物の境界を溶かして混ぜ合わせる働きがあり、この性質を利用してメイクや汚れを落とすのです。

 

ですが、この働きのために肌にメイクや汚れが残ってしまったり、逆に皮脂を落とし過ぎてしまったりします。

 

そこで、シミを増やさないためのクレンジングには、市販のクレンジング剤を使わずに、皮膚に残っても肌にダメージを与えない天然オイルを使用することをおすすめします。

 

肌にダメージを与える心配が無い天然オイルとは、オレイン酸を多く含んでいて、界面活性作用の少ないものです。

 

一番身近なものではオリーブオイルがあります。

 

オレイン酸は抗酸化作用の高い油で、人間の皮脂にも含まれているので安全なんです。

 

オリーブオイルには、このオレイン酸が多く含まれています。

 

オリーブオイルをメイクに優しく馴染ませて洗い流し、刺激の少ない無添加石鹸などでダブル洗顔しましょう。

 

スキンケアの工夫でさらにシミ予防

 

洗顔後のケアには化粧水での保水も大切ですが、それ以上に油分を補給することが大切です。

 

せっかく化粧水をたくさんつけても、皮脂が十分に無ければ、皮膚の水分はすぐに蒸発してしまうからです。

 

クレンジングと洗顔をした後の肌には、オレイン酸が多く含まれていて肌馴染みの良いオイルで油分を補ってあげると、水分と油分のバランスの取れたシミのできにくい健康な肌になります。

 

椿油やホホバオイル、アルガンオイルなどがおすすめですが、特にアルガンオイルはブースターの役目を果たすので、オイルを馴染ませた後に美白化粧水を使うと、美白成分がより浸透しやすくなります。

 

シミ対策オールインワンジェルとして人気のシミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)を使って優しくマッサージすると、美白成分とマッサージの効果でますますシミ予防の効果が高まります。

 

 

 

>>シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)の公式サイトはこちら

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

関連ページ

シミは椿油で改善できるって本当!?
シミの悩みはどうすれば良いのか調べていると椿油が有効とありました。椿油は本当にシミに有効なのか?どう使うのか?など色々と調べてみました。
酒粕でシミが消える!? 美白効果は本当にあるの?
シミに悩んでどうにかならないかと調べていたら、なんと酒粕で美白になれると言う驚きの情報が!酒粕で本当に美白になれる?シミが消えると言うのは本当なのか?調べてみました。
オロナインでシミが消える!?あの軟膏の裏効果
年齢と共にシミも濃くなってきたので、何か良いスキンケアはないかと調べていたらオロナインでシミが消えると言う情報が!シミにオロナインが効くなんて本当でしょうか?
シミにアロエは効果的?
アロエは美容の万能薬とされてきたようですがやはりシミにも効果あるのでしょうか?アロエでシミのケアはできるのか?アレルギーなどの心配はないか調べてみました。
シミとターンオーバーは関係があるの?
良く聞くターンオーバーとは、具体的にどういう事なのでしょう?シミのケアについて調べていたらターンオーバーも重要らしいのですが…シミとどういう関係があるのでしょうか?
シミにピーリングは効果ある?
シミはピーリングでキレイになるのでしょうか?ピーリングは薬で古い角質を落とすそうですがシミも落ちるのか?効果や使い方、注意点など気になることをまとめて調べました。
産後のシミに大ショック!どうしたら良い?
妊娠前はキレイな肌だったのに、妊娠中から出産後にシミができてショックを受けるママは多いです。産後のシミは何が原因?どうケアしたら良いのか?など調べてみました。
サプリメントはシミに効果あるの?
シミができてから美白ケアに奮闘し、サプリメントも見つけましたが効果あるのでしょうか?シミはサプリメントで消える?どこまで効果あるのか調べてみました。
天然のブースター・アルガンオイルでシミ対策成分をぐんぐん浸透させる!
アルガンオイルの美容効果はシミにも効きます。アルガンオイルを使ったスキンケアで、シミの無い肌を作るためにはどうしたらいいのでしょうか?調べてみました。
シミを防いで免疫力アップ!プロポリスのスゴイ効果
健康や美容に良いと言われているプロポリスですが、シミの予防や改善にも効果が期待できます。プロポリスがシミに与える効果とはどんなものでしょうか?調べてみました。
目指せ体質改善!シミができない体になるには?
シミの改善には内側からのケアも有効ですが、体質改善することで効果は上がるのでしょうか?また、シミができやすい人は、どうやって体質改善すればいいのでしょうか?